【植物性ミルク】牛乳・乳製品に潜む罠!?植物性ミルクの意外な効果

牛乳は身近にある飲み物なので、健康のために毎日飲んでいる方も多く、冷蔵庫に必ず入っているご家庭も多いのではないでしょうか。

しかし、近年では牛乳や乳製品に関するリスクがあることが報告されています。

牛乳や乳製品は、今の現代人に様々な影響を及ぼしており、これに代わる代替品の普及が望まれています。

ここでは牛乳の代替品として注目されている植物性ミルクの特徴と、おすすめ商品を紹介します。

目次

牛乳・乳製品のリスクとは

牛乳・乳製品は飲みません

日本人のほとんどは「乳糖不耐症」のため、乳製品を摂ると下痢を起こしやすくなります。

牛乳には人間が消化できないタンパク質(カゼインα)が含まれており、これが原因で未消化の腐敗されたものがアレルギー発症の原因になり、さらには発ガン物質を発生させてしまうのです。

牛乳や乳製品を摂ることで胃の吸収障害を引き起こし、腸内環境は悪化する一方です。

腸内環境が悪化すると、腸粘膜が不必要なものまで通してしまう「リーキーガット症候群」を引き起こしてしまいます。

このように牛乳や乳製品を摂ることで、様々な病気のリスクが上がってしまうのです。

牛乳・乳製品に代わる植物性ミルクの種類

牛乳・乳製品に代わる(例はアーモンドミルク)

牛乳はさまざまな料理や食品に使われているので、完全に断つのは難しいのが現状です。

そこで牛乳の代わりとして今注目されているのが、植物性ミルクです。

植物性ミルクとは、植物原料を細かく砕いて成分を水に抽出した飲み物で、以下のような種類があります。

・カシューナッツミルク

・アーモンドミルク

・ヘンプミルク

・タイガーナッツミルク

・ゴマミルク

・ライスミルク

・オーツミルク

・キヌアミルク

・ココナッツミルク

・豆乳

植物性ミルクは、牛乳より低カロリーで栄養価も高く健康や美容に最適なんです。

牛乳アレルギーの方でも安心して飲むことができるのもメリットです。

それぞれ味や特徴も違うので、ぜひ自分に合った商品を選んでくださいね。

おすすめの植物性ミルク

・カークランドシグネチャー無糖アーモンドミルク

KMCO ORGANIC OAT MILK オーガニックオーツミルク

おわりに

牛乳に代わる、植物性ミルクについて紹介してきました。

牛乳にはあらゆる危険が潜んでいることにびっくりした方も多いのではないでしょうか。

体にやさしく栄養価が高い植物性ミルクは、今後日本でも幅広く普及していくことでしょう。

今日から牛乳を少しずつ控えてみて、植物性ミルクを飲むことが当たり前の生活を目指していきませんか?

アーカイブ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

vickyのアバター vicky グルテンフリー料理研究家・開発

【グルテンフリー料理研究家・開発】
きっかけは子供の小麦・卵・乳製品・肉のアレルギー、自身もアレルギーと原因不明の体調不良に悩まされていました。
食改善をしなければいけないと本気で食に関する勉強に猛烈に取り組みました。

2014年より米粉パンの研究を始めて、食のイベントなどに呼ばれて自分のオリジナルの米粉パン販売を経験後、実際に食べた方や、『教えてほしい!』の声が上がったので今までのレシピをそのまま米粉パンコースレッスンとしてGlutenfree✖︎Veganパンレッスン主宰。

その後Gluten-freeパン+Vegan料理レッスンを主催して1年で海外レッスンに呼ばれNYで2度開催。美味しいのはもちろん見た目も華やかでオシャレなプレーティング術で喜ばれる技術をお伝えします。
今までの対面コースレッスンを→全世界どこでも学べる動画講座を開始。
山あり谷あり・天国地獄を乗り越えて3人の子供を育てるシングルマザーです。
いつでも前進・諦めない・楽観主義。
発達障害児育児奮闘中!!
楽しこと、好きなことにはとことん追求していく私です。(好きなことしかできない不器用な人です)

コメント

コメントする

目次